業界 ニュース

死 リンクされた に vaping しばしば 関与する THC 製品、 じゃない ニコチン、 CDC 言う

2019-11-07 Source:https://edition.cnn.com/2019/10/28/health/cdc-vaping-death-data-mmwr/index.html?no-st=1572398475


 (CNN)米国の疾病管理予防センターによって月曜日に発表された新しい数字によると、vaping関連の肺損傷の不可解なアウトブレイクの結果として死亡した人々は、大麻の主な精神活性物質であるTHCを排他的に含む製品をしばしば使用しました。

そのような19の死者のうち、どの物質が蒸気で吸い取られたのかについて入手可能なデータがあり、63%がTHCを含む製品の独占使用を報告し、84%がこれらの製品の使用を報告し、37%がニコチンを含む蒸気を吸う製品を報告し、16%が蒸気を吸っただけであると報告しましたニコチン含有製品。
死亡した人々は、流行の影響を受けた人々のより広いグループよりも高齢になる傾向がありました。新しい報告書で分析された29人の死亡のうち、年齢の中央値は45歳で、59%は男性でした。最年少の死者は17人、最年長の死者は75人でした。
合計で、24の州とワシントンDCで特定された36人のvaping関連の死者がいます。それぞれカリフォルニア、インディアナ、ミネソタから3人。ジョージア、イリノイ、カンザス、オレゴン、テネシーからそれぞれ2人。アラバマ、コネチカット、デラウェア、フロリダ、マサチューセッツ、ミシガン、ミシシッピ、ミズーリ、モンタナ、ネブラスカ、ニュージャージー、ニューヨーク、ペンシルバニア、テキサス、ユタ、バージニア、ワシントンDCからそれぞれ1人。
CDCによると、10月22日の時点で、49州、コロンビア特別区、米領バージン諸島で電子タバコ製品に関連する1,604件の肺損傷が発生しています。これは、1479ケースのvapingに関連した肺損傷があった前週からの増加です。
CDCによると、これらの患者は「主に若い白人男性」です。利用可能なデータを備えた圧倒的多数-ほぼ80%-は35歳未満でした。ほぼ同じ割合が非ヒスパニック系白人として特定されています。 10人に7人は男性です。
2人の死亡を含む、すべての症例の約半分が25歳未満の人々に影響を与えています。
「今日の報告から、これらの肺損傷が若者に不釣り合いに影響していることは明らかです」とCDCのロバート・R・レッドフィールド局長は月曜日の声明で述べた。 「CDCが追加データを受信するにつれて、影響を受けた人々のより明確な状況が形になりつつあります。これらの新しい洞察は、このアウトブレイクの原因を特定するためにより近いステップをもたらすのに役立ちます。」
過去の報告では、流行の中でTHC含有製品の有病率が強調されています。最新の数値によると、867人の患者がベイプしたものについて入手可能なデータに基づいており、86%がTHCを含む製品の使用を報告し、64%がニコチンを含む製品の使用を報告し、52%が両方の種類の製品を使用したと報告し、34%が彼らが報告したTHC含有製品のみを使用し、11%がニコチン含有製品のみを使用したと回答しました。
「データは引き続きTHC含有製品に向けられている」とCDCの主席副局長であるアン・シュチャト博士は金曜日に記者団に語った。 「しかし、危険な材料や物質が何なのかわからないことを強調したいと思います。THCは、カートリッジの準備方法やデバイスが危害を加えている方法のマーカーかもしれません。」
米国食品医薬品局のタバコ製品センターの所長であるミッチ・ツェラーは、これらのデータは信頼できないかもしれない自己報告に大きく依存していると警告した。
「私は、「ニコチン含有製品のみを使用した」と言っている人です」とツェラーは金曜日に記者団に語った。
さらに、新しいレポートでは、一部の患者は、彼らが蒸発させた物質に何が含まれているかを正確に知らなかった可能性があり、「物質使用データの収集方法は州によって異なる」と述べています。
発生に関係する特定の原因または物質はまだ不明であるため、CDCは「THCを含む電子タバコまたは蒸気を発する製品を使用しないこと」を推奨しています。
代理店は、「調査が継続している間、あなたが危険にさらされていないことを保証する唯一の方法は、すべての電子タバコと蒸気を発する製品の使用を控えることを検討することです。 FDAが承認したニコチン代替療法の利用を検討します。
「安全なタバコ製品はありません。」